最終更新日:2016年05月28日

 





SSLサーバー証明書

 

地震・計画停電対策レンタルサーバー

 

FAQ TOPページ > FAQ詳細

FAQ番号:2013 | 最終更新日:2014/11/05
【FTPアクセス制限設定】指定方法がわからない。うまく設定できない。
「FTPアクセス制限設定」については、IPアドレスでFTP接続を制限することができます。

こちらでは、例として社内等の特定の環境からFTP接続を【許可】するための確認・設定方法をご案内します。
※不正なFTP接続等を【拒否】する場合には、FTPログをご確認の上、不正な接続元IPアドレス等をご確認いただき設定してください。
  1. IPアドレスを確認する
    「FTPアクセス制限設定」で指定するIPアドレスは、通常お客様がインターネット接続に利用しているプロバイダから割り当てられるものです。
    また、プロバイダより割り当てのIPアドレスはご契約内容により「固定」または「固定ではない(変動)」場合があります。

    IPアドレスが「固定」または「変動」のどちらになるのか、インターネット接続プロバイダにご確認ください。

    • 「固定」の場合は、該当のIPアドレスをご確認ください。
    • 「変動」の場合は、IPアドレスの範囲(192.168.0.0〜192.168.0.255等)をご確認ください。
      ※IPアドレスの範囲指定ができない場合は、FTPアクセス制限機能では制限を行うことができません。ご了承ください。
    • お客様の現在の接続元IPアドレスは、お客様コンフィグレータの以下のメニューから確認できます。
      【FTPアカウント設定 >> FTPアクセス制限設定 >> FTPアクセス制限設定/解除】

  2. 「FTPアクセス制限設定」を確認する
    設定は、お客様コンフィグレータから行います。
    IPアドレスが「固定」または「変動」により制限(指定)方法が異なりますので、お客様の環境に応じてご確認ください。

    • IPアドレスでの制限
      固定IPアドレスでの制限や、IPアドレスの範囲指定が可能です。

      • 固定IPアドレスをご利用の場合:
        該当IPアドレスを指定してください。

      • 固定IPアドレスをご利用ではない場合:
        IPアドレスの範囲を指定してください。
        例)IPアドレスの範囲が 192.168.0.0 〜 192.168.0.255 の場合
        ・192.168.0. (最後が"."で終わる表記での指定が可能)
        ・192.168.0.0/24 (プリフィックス表記での指定が可能)
        注意注意
        ・IPアドレスの指定は、グローバルIPアドレスを指定してください。
        ・「IPアドレスの範囲指定」を行うと、お客様環境だけでなくその範囲内の全ての接続を許可する事になりますのでご注意ください。


具体的な設定例は、《FTPアクセス制限設定》でもご案内しておりますのであわせてご確認ください。

FTPでアクセス制限を行いたい。
「FTPアクセス制限設定」以外でFTP接続を制限できますか?
FTP接続時にファイルやフォルダが表示されない。
587番ポートに変更してもメールが送信できない。
メールの送受信ができない。
突然メール送信のみが出来なくなった。